新天地で早くもベッカム批判続出・ゴルフ・野球・サッカー・テニス・格闘技・国内・海外など、いろいろなスポーツについてです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新天地で早くもベッカム批判続出


MFデビッド・ベッカム(31=レアル・マドリード)が8月から加入するロサンゼルス(米MLS)で、早くも不協和音が生じていることが20日分かった。5年総額2億5000万ドル(約300億円)の契約に他選手が反発。

他人の給料を批判するより、自分ががんばって年棒あげてもらう方がいいのに(^^ゞ
MFバジェナスが英BBCラジオに「チーム内に憤りがないと言えばうそになる」と訴えた。

サラリーキャップ制で選手の年俸総額は200万ドル(約2億4000万円)に制限され、昨季のチーム最高年俸は米国代表MFドノバンの90万ドル(約1億800万円)。推定年俸12万5000ドル(約1500万円)のバジェナスは「頑張ってほしいけど、一方で“なんでオレはもらえないの”とも思う」と漏らした。03年夏のRマドリード移籍時は同僚もスターぞろいで素早くチームに溶け込んだベッカムだが、今回はあからさまな優遇で早くも周囲と溝ができてしまった。

これはベッカムのせいじゃないと思いますが(^^ゞ

(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ - アスリートの祭典 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。