<スケートW杯>男子500で長島は2位、加藤は8位・ゴルフ・野球・サッカー・テニス・格闘技・国内・海外など、いろいろなスポーツについてです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スケートW杯>男子500で長島は2位、加藤は8位


スピードスケートワールドカップW杯)長野大会、最終日の10日、長野市のエムウエーブで男女各3種目が行われた。

スピードスケートは体力いりますね、きっと。
というのはどうでもいいか…(^^ゞ

男子500メートルで今季5勝目を狙った長島圭一郎(日本電産サンキョー)は35秒13で2位に終わった。優勝は李康ソク(韓国)。加藤条治(日本電産サンキョー)は8位、清水宏保(NEC)は10位、及川佑(びっくりドンキー)は11位。1000メートルはヤン・ボス(オランダ)が制し、中嶋敬春(日体大研究員)が日本勢最高の7位タイ。非五輪種目の100メートルは及川が2連勝した。

女子500メートルでは、吉井小百合(日本電産サンキョー)が38秒74で3位となり、今季初の表彰台。大菅小百合(大和ハウス)は4位、小平奈緒(信州大)は10位、岡崎朋美(富士急)は13位。吉井は1000メートルでも日本勢トップの4位に食い込んだ。キアラ・シミオナート(イタリア)が今季3勝目。100メートルはユディト・ヘッセ(ドイツ)が優勝。

日本は今一歩およばず、で残念でした。

(引用:ライブドアニュース



スポンサーサイト
Copyright © スポーツ - アスリートの祭典 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。