<ボクシング>亀田興毅の新減量法・ゴルフ・野球・サッカー・テニス・格闘技・国内・海外など、いろいろなスポーツについてです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ボクシング>亀田興毅の新減量法


WBA世界ライトフライ級王者の亀田興毅(協栄)は、初防衛戦で新たな減量法に挑戦する。8月2日の世界戦は1カ月前から計画的に少しずつ体重を落とした。

今回は違うのか…

しかし、今回は試合1週間前から一気に落とす。体の切れを欠いた前回の反省から、思い切ってやり方を変えた。
試合まで2週間を切った現在、亀田の体重は54キロ。ライトフライ級のリミット48・9キロまで5キロ以上もある。

ギリギリまでねばったんですね

日本ボクシングコミッション(JBC)のコミッションドクターの向島祐氏は「ゆっくり落とした方が体に負担はかからない。絶食などは最悪です」と警告する。しかし、10キロ以上の減量を強いられるボクサーの肉体は一般人とは違う。

いくら違うといっても体に悪いのでは?(^^ゞ

(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ - アスリートの祭典 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。