<ヤクルト>古田“選手”は1億円大減俸で合意・ゴルフ・野球・サッカー・テニス・格闘技・国内・海外など、いろいろなスポーツについてです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ヤクルト>古田“選手”は1億円大減俸で合意


11日に契約更改交渉を行うヤクルト・古田敦也監督の来季の選手年俸が、大幅減で基本合意に達していることが8日、明らかになった。多菊善和球団社長が、東京・新橋の球団事務所で「話は済んでいる」と語った。

あまり試合に出てませんでしたからね…
古田監督は今季、右肩痛もあってわずか36試合の出場に終わった。多菊社長によると、選手としての年俸は今季の2億3000万円から1億円以上の減額になるという。野球協約で定められている40%超となる大幅ダウン。同社長は「出来高をクリアしたら、40%(9200万減)くらいまではいけるだろう」としたが、大減俸であることには違いない。
 多菊社長は「そう(大減俸)じゃなきゃ、選手(兼任)はやれない」と話した。“捕手・古田”に突きつけられた現実は厳しい。

「監督」としての評価はどうなんでしょうか?

(引用:デイリースポーツ)
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ - アスリートの祭典 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。